平均的なボーナスの金額とそこから貰える小遣いはいくら?

一般的な企業は、賞与いわゆるボーナスの支給は夏と冬の2回あります。

 

給料とは別に大きなお金をもらうことができるので、誰もが楽しみにしているお給料です。

 

ですが、こういった賞与が以前に比べると少なくなっている傾向にあることは知っているでしょうか?

 

 

賞与というのは基本的には基本給に何カ月分をかけて計算され、その金額から税金などの金額がひかれて支給額が決まります。

 

 

ですので基本給が一昔前に比べると下がってしまっている現在では賞与も減ってしまっているんです。

 

 

また、基本給が下がってしまっているだけではなく、会社の経営が良くなかったりなどで賞与自体がカットされてしまっているなどで、一般的なサラリーマンの賞与は以前よりも手取りが少なくなっているんです。

 

 

賞与がへってしまっている影響により、それは小遣いにも大きく影響してしまっているんです。

 

 

 

給料・賞与の額と小遣いは比例関係にあり、手取りが少なくなればそれに伴ってお小遣いも減ってしまっているんです。

 

 

 

バブル時期あたりを頂点とし、バブル崩壊・リーマンショック・東日本大震災などの節目節目で大きく給料が下げってしまっており、同時に賞与も下がり、それとともにお小遣いも減ってしまっています。

 

 

 

つい30年くらい前に比べると現在では30万円ほど年収が下がってしまっているのが実情であり、まだまだ景気が良くなったとはいえないため、生活が苦しい家庭が多いのです。では、サラリーマンの平均賞与はいったいどれくらいなのでしょうか?また小遣いの平均はどれくらいなのでしょうか?

 

 

まず賞与ですが、会社やその人の役職によって大きく異なりますが、2014年の夏では平均で55.8万円、冬では58.5万円となっています。

 

 

これはあくまでも平均ですので年齢や職種によっても大きく異なっていますので注意しましょう。

 

 

ちなみに年代別でみると50代が一番多く、次いで40代となっています。これは当然のことであり、企業に長く勤めたり役職などがついているなどで基本給が上がっている世代のため、それにともなって賞与が多くなっていると言えるでしょう。

 

 

この金額は総支給額なので、手取りはここから1〜2割ほど税金が引かれた額となります。

 

では、小遣いはどれくらいなのでしょうか?これもまた職種や役職などによっても大きく変わってきますが、やはり給料を多くもらっている人のほうが小遣いが多くなる傾向にあります。

 

 

 

2014年の調査では、サラリーマンの小遣いの平均はおよそ5万円となっています。

 

これはすべての年代の平均ですので、年齢によって大きく異なっています。40−50代では5万円以上で8万円なんて人もいるくらいですが、20−30代での平均は3ー4万円であり、なかには数千円なんて人もいます。

 

 

あくまでも平均ですので家庭の事情でもっと少ないなんて人はいくらでもいるので、平均よりも少ないからと愕然としないようにしましょう。

 

 

 

なんにせよ、賞与も小遣いも昔よりは少なくなっているのが現状です。税金や物価は高くなっているものの、もらえるお金が少なくなっているのでまだまだサラリーマンにとってはつらい日々と言えるでしょう。

 

 

日雇いで副業しませんか?