自宅で出来るので意外と人気が高いデータ入力バイト

事務の仕事をしたいけれど、お茶くみや電話対応、その他雑用は気が進まない。パソコンのタイピングなら出来そうだけど、そこまでのスキルはない。

 

 

でも平日数時間だけ働きたい・・しかも希望は事務系であり、肉体労働や飲食系はNG!そんな細かな希望を持つ女性が興味を持つのが、データ入力のアルバイトです。

 

 

データ入力バイトってどんな事をするのか想像すると、何となく事務っぽい仕事が浮かんできます。ひたすらパソコンと向き合っているイメージですね。

 

 

肉体労働ではないし接客のスキルも不必要。人間関係で悩む事もなさそうです。それでいて事務っぽいイメージであり、求人サイトを確認すると結構良い時給だったりします。

 

 

しかもタッチタイピングが可能であれば、特別な資格や経験を持たなくても採用される可能性が高い職種。

 

 

ですから、子供がいて短時間しか働けない主婦層はデータ入力のバイトに興味深々なのです。でも近くでデータ入力の募集をしていない・・いちいち通うのが面倒・・。そんな不満が多い中、最近ではネット普及も手伝って、データ入力を在宅で出来る在宅ワークも多くなっています。

 

 

 

募集している会社に登録し、採用が決まったらお仕事スタートです。会社側からデータ入力の仕事が来ますから、自分の都合が良い時間にお仕事をします。データ入力の在宅ワークは場所を選ばないのが特徴で、業務に合ったパソコン環境とネット環境があれば、いつでも自宅でデータ入力バイトを開始する事が出来ます。

 

 

 

子供が寝ている時間にコツコツ入力、学校に行っている間に一気に入力、今日は子供が熱で家にいるから、バイトは控えて子供の世話中心など、バイトに生活を合わせるのではなく、生活の合間合間にバイトをしてお金を稼ぐのです。

 

 

とても合理的なバイトであり、主婦のみならずOLや社会人男性からも、副業として注目されています。

 

仕事内容は?

では実際のデータ入力バイトは、どのような仕事内容なのでしょうか。パソコンのタッチタイピング能力を活かして、各種データをひたすら入力していく仕事です。そのデータは実に様々であり、手書きの書類を表計算ソフトに打ち込んだり、受発注データをコンピューターに入力したりします。

 

 

他にも、スーパーのチラシのテキスト入力や英語表記の商品名をカタカナで入力するなど、指定の文字をパソコンで入力し続ける単純作業の場合もあれば、ホームページを見て感想を入力したり、商品の口コミを入力したり、テーマに沿った体験談を入力する内容もあります。

 

 

どの内容にせよ、長時間パソコンと向き合って作業する事に変わりはありません。

 

目の疲れ、肩こり、腰痛、頭痛、腱鞘炎などの症状に注意しなればいけません。

 

 

又、在宅業務はメリットも盛りだくさんですが逆にデメリットもあります。バイトに赴くのって面倒ではありますが、そこで気持ちの切り替えが自然とされます。バイト先で自分の席に座れば、そこからは自分の世界で作業をこなす事が可能です。

 

 

 

しかし自宅での作業となるとどうでしょう?せっかく集中して作業がはかどっているのに、子供が急に起きて泣き出してしまったら。作業を中断して子供の相手をしなければならず、集中力がぱったりと途切れてしまいます。乗り気じゃなくても、バイトに行ってしまえば作業ができます。

 

 

 

でも自宅だと他の目が気になりませんから、他の作業でダラダラと過ごし、データ入力に身が入らなくなります。そんな時に限って依頼のデータ入力の量が膨大過ぎて、もう嫌になって在宅バイトを断念・・この様なケースがとても多いのが正直な現状です。

 

 

データ入力バイトを長続きさせるコツは、案外タイピングのスピードとか能力ではないのかもしれません。勿論その能力も必要ですが、単純作業の連続に打ち勝つ精神力、在宅という環境化でもペース配分をしっかりと確立できる計算力、そして目の前の膨大なタイピングの量にも負けない忍耐力が必要とされるでしょう。

 

 

 

自分がデータ入力に向いているのか不向きなのかは分かりませんから、一度チャレンジしてみると良いでしょう。普通の内職と違い、場所を取らないのが何より嬉しい特徴です。案外自分にぴったりの在宅業務になるかもしれません。

 

 

⇒ 堅実な副業探しはコチラ